Return to site

カンボジアで学園都市開発を手掛ける
vKiriromにKIBOW社会投資ファンドが出資

英語でIT先端技術を学ぶ
キリロム工科大学を中心とした事業の成長を支援

· ニュースリリース

vキリロム ネイチャー(vKirirom Nature)を運営するvKirirom Pte., Ltd.(所在地:シンガポール、代表取締役:猪塚 武、以下 vKirirom)は、2019年10月18日に一般財団法人KIBOW(所在地:東京都千代田区、代表理事:堀 義人、以下 KIBOW)が運営する「KIBOW社会投資ファンド2号」より5,000万円の出資受け入れを決定しました。vKiriromとして初めての投資ファンドからの出資受入となります。

vKirirom Natureのランドマーク、Pine View Kitchen

vKirirom Natureのランドマーク、Pine View Kitchen

カンボジアで大学運営と観光事業を核とする学園都市開発を手掛けるvKiriromは、国連のSDGsに沿った形で、エコツーリズムを基盤に社会問題が発生しないようデザインされた学びとイノベーションの街で、キリロム工科大学が運営を担当し、学生はvキリロム ネイチャーの活動から様々な課題・仮説検証を行いながら学んでいます。

この度のKIBOWからの出資においてvKiriromの成長を加速し、優秀な人材を求める成長企業と、世界で活躍することを目指すアジアの若者のために、人材育成の拠点となるvキリロム ネイチャーの開発を進めてまいります。

■vキリロム ネイチャー(vKirirom Nature)について

A2A town (Cambodia) co., ltdは、カンボジアのキリロム国立公園内に約9,000ヘクタールの用地を借り受けて「キリロム工科大学」「vキリロムパインリゾート(vKirirom Pine Resort)」「vキリロムセカンドホーム(vKirirom Second Home)」およびシステム開発の4つの事業を行っています。vキリロム ネイチャー(vKirirom Nature)はその4事業の総称です。インターネットやAIを活用した教育の在り方、観光業におけるシェアエコノミーやAIを活用したイノベーション、IoT・AIの普及とともに変化する都市や生活・産業のイノベーションを追求し、ますます加速する少子高齢化や教育格差問題に対してITを駆使した解決を実現します。

■キリロム工科大学(KIT)について

https://www.kirirom.info/

グローバル化が進み、IT企業を含めた労働市場では日本語と英語の両方が使え、グローバル化に対応できる優秀なエンジニア人材が必要とされていますが、日本はそのような優秀な人材が不足しているのが現状です。さらに、少子高齢化による人材不足も加速し、日本だけでなく広くアジアに目を向けて優秀な人材を育成する必要が生じています。KITはカンボジアの首都プノンペンから約112km離れたキリロム国立公園内の山の中に全寮制の国際大学として設立されました。2018年4月からは日本人学生の受け入れ、2019年4月には国際ホスピタリティマネジメント学科を設立。ポテンシャルのあるカンボジア・アジアの優秀な学生に先端的な教育を行い、かつ、企業にとっては即戦力となるグローバル人材の育成をしています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly